日本初上陸!!世界一傷ませないブリーチ、ファイバープレックス。

こんにちはアフロートルヴア達也です。


ここ数ヶ月、その存在を匂わせに匂わせていた僕ですが、


満を持して本日情報解禁しようと思いまくります。


その秘密のヴェールに包まれていたのが、


『ファイバープレックス』


という商材。


なんなんそれ??ということですが、めっちゃ簡単に言うと、


ブリーチを傷ませなくするものです。


ブリーチの髪を明るくすると言った能力はそのまま

髪へのダメージや頭皮への負担などネガな部分を94%カットすると言った商材。


このようなブリーチに混ぜて傷ませなくするものは今までもあったし、実際僕たちも使っていました。


僕自身も何度か紹介してましたし。

比べてみました。ブリーチとブリーチサプリのダメージの違い。


業界初!!痛まないブリーチ!?ブリーチサプリ


が、


このファイバープレックス、


操作性機能性、なんと言っても仕上がり、美容師さんならコスト

どこを取っても間違いなく業界随一かと思います。


もちろん一美容師として公平な目で見て僕の見解でのお話ですが。



ということで実際試したケースワークを数パターン一緒に見て頂こうと思います。


ファイバープレックスとは?


まずは、ファイバープレックスについて少しお話しようと思います。

ヨーロッパやアメリカなど、ブロンドの人いるじゃないですか。

でも、生まれたてブロンドの人ってほとんどいないんですよ。

じゃーあれはなんやねん?ちゅうことなんでですが、

はい。あれ。ブリーチしてます。

はい。もう、ほとんどの人がブリーチしてます。

でも傷んでないじゃないですか?


そう。ファイバープレックスでブリーチしてるからです。


日本には薬機法の兼ね合いでその使用を許されていなかったんですが、

海外では随分前から当たり前のように使われていた商材ですね。


海外の人からすれば

「え!?日本ってまだWi-Fi環境ないの!??」

って感じで

「まだファイバープレックスないの!?」

ってレベル並に海外では当たり前にブリーチにファイバープレックスを入れてます。


まぁそんな感じのものです。


ってワケで実際に見て頂きやしょう。

その実力の程を。


〜ケースワーク1〜


ケースワーク1では使用方法も交えてご紹介しまーす。

はいビフォア



毛先は既にブリーチ履歴のある状態。


この髪にブリーチしていくワケですが、

まずブリーチをいつも通り作ります。


はい。スペックの高さは業界ナンバーワンだと思う最強のクリームブリーチ。


ここにファイバープレックスの1剤を投入。



そりゃ。



なんかヨーグルトの汁みたいです。


んでこれを右に50回左に50回混ぜ混ぜ。

あ、混ざれば混ぜ混ぜ回数は何回でも大丈夫です。


そして髪にオーーーン。



あ、ダメージを94%カットするっちゅうことは、

頭皮への負担もまたそれ相応にカットされとるので

非常にしみにくくなってます。

このモデルさんは加温を20分もしましたが、全く痛くないとのことでした。


んで流して、


ファイバープレックス2剤を塗布


この2剤はリッツ・カールトンのフロアの香りがします。

めっっちゃいい香り。


これでファイバープレックスのブリーチは終了。


仕上がりはこちら。



サラッと乾かしただけでこのクオリティです。


もちろん毛先も



この毛先、もはや5回目くらいのブリーチですよ?

凄過ぎ。

サラサラつるつる。


ダメージなく脱色できるっつーことは綺麗にカラーが入るということ。

そのお陰でこの仕上がり。




てゅりゅんてゅりゅん。

てんとう虫も止まれへんでこれは。


はい。

文句つけれる人いるなら出てきて下さい。華麗に無視しますんで。


〜ケースワーク2〜


ビフォア



これまた毛先にブリーチ履歴あり。

前回はブリーチサプリを使用していました。僕が。


んでここにファイバーちゃんをオン。



またしても加温しております。


加温後はこれ。



履歴あったとことしっかり繋がっております。


んでブリーチの仕上がり〜





申し分無し。


んでカラーオン。




光の加減で色が全然違く見えますが、

質感は抜群です。


マジでブレないです。


ていうかオンカラーの色が綺麗過ぎます。


カラー上手いなぁ俺。

はい。


〜ケースワーク3〜


ビフォア



ルヴアスタッフですが、はいもう既に毛先がイッちゃってる状態です。


んで塗り終わり。



仕上がりが



髪より彼女の顔の濃さに目が持ってかれそうですが、グッと堪えて髪に注目して下さい。


いやもはや元より綺麗にすらなってるんじゃないかと思うことが多いです。


あ、最後のケースワークの仕上がりは写メではなくこちら。



まとめ


いかがだったでしょうか??


本当に全くと言っていい程ダメージを感じません。

美容師サイドから操作性を見ても粉っぽくダマになりにくく、

非常に塗り易く、ブリーチ塗布の苦手な若手アシスタントでも綺麗に塗り上げれます。


これはかなり革命的な商材ではないでしょうか。


日本での公式の発売日は6月からです。


また新たな使い方見つけ次第アップしていこうと思います。


是非今後の参考になれば幸いです。


綺麗に髪に負担なくブリーチしたい方。

是非アフロートルヴアの達也のとこまでご相談にいらして下さい。

絶対綺麗に可愛くしまくります。


インスタグラムを始めたのでこちらも是非見て下さい。髪型中心に毎日更新しまくってます。

@tatsuyasaikou


ではでは。




instagram

ABOUTこの記事をかいた人

東京青山、銀座、新宿、名古屋で展開する美容室AFLOATのスタイリスト。サロンワークの他にもヘアメイクやセミナー講師など幅広く活躍中。