同意書を書かないと食べれない噂の激辛ハンバーガーを食べたみた結果。

こんにちはアフロートルヴア達也です。


巷で話題の


免責同意書書かないと食べれない激辛ハンバーガーを、





後輩に食べさせました。




ええ。僕、辛いの苦手なんで。


辛いのが得意なイケイケメンバーを選抜。

果敢に名乗りをあげた勇敢な後輩どもがこちら。



最近金髪にした我がアシスタントのしみちゃん。

しみちゃんが「私、辛いの超好きなんです!」

って言うから、ちょっと辛めの中華料理に連れて行ったら、辛い餃子は辛過ぎて食べ切れず、次の日にはお腹をしっかり壊していました。


ええ。辛さに一切強くありませんでした。

なので自称辛いもの好き系女子。


お次がこちら。



新入社員の小野寺ちゃん。

はい。20歳の若さ溢れるほんまもんのイケイケ女子。

辛いものは楽勝とのこと。

さぁてどうなっかなぁ〜?


お次も新入社員の


和知(わち)君。


見た感じではソぉ〜トぉ〜危険なオーラをまがまがと放っておりますが、

ええ。もう、僕が中学生なら絶対目を合わせたらあかんリスト3位以内に確実にいます。

がしかし、外見とは全く逆の性格の持ち主。

繊細で、低過ぎて地面に付きそうなくらい腰が低いです。

ハムスターが大好きで絶叫マシーンは一切受け付けません。

辛さには弱いけど好きらしいのでエントリー。


お次は



怖っ。

あ、美和です。

かれこれもう10年くらいの付き合いになります。

パイセンである僕に暴言を吐き、罵声を浴びせてくる唯一の後輩です。

最も頼れる後輩です。


このクールな表情が辛さで悶絶するのが楽しみすぎです。


最後が



最近何らかの理由で、彼女と別居してしまったソウマ君。

アシスタント黄金世代のリーダーだけあって頼れる彼。

材料関係なんかも僕と一緒に仕事しています。

気になる別居の理由に関しましてはデリケートな部分でもあり、詳しくはよく分かりませんが、おそらく97%の割合を彼の原因が占めているでしょう。



以上5名が激辛ハンバーガー挑戦者。


ロッテリアで同意書にサインをし、


優しすぎて最高なパイセンの僕はシェイク(半額キャンペーン中)も1つずつ購入。


悶絶し、辛さに悶え苦しむ姿を見て、

「先輩が買ってきたんだから残さず全部食べろ」

というセリフを言う準備は出来ている。(我ながらクソ過ぎる先輩)


このハンバーガーを食べている動画では一口食べた瞬間に悶絶していました。


そしてみんなでいっせいのーでで、一口





後輩たち
もぐもぐ

Tatsuya
ニヤニヤ。どや!辛いか!

後輩たち
、、、うま。あの、美味しいです。

Tatsuya
えっ??いやいやww何強がってんねんwだって、動画やったら今頃さ、

Tatsuya
あ、時間差か!時間差でくるんやな!!

しばらくして


後輩たち
はい。調度いい辛さが絶妙っすね。うまっ。

Tatsuya
ぬぬぬっ!!ちょっと貸せ!!

Tatsuya
もぐもぐ

Tatsuya
うまっ。絶妙やん。



はい。

ということで、営業後に普通に美味しいハンバーガーをただご馳走しただけに終わりました。


いや、ええねんで?喜んでくれたし、

でも、でもちゃうんや。

なんかちゃうんや。

こういうのはまた別の機会でええんや。今日はその、

「ぎゃー!ヤッベェ!!」

「辛っれぇ〜!!」

「ちょ、達也さん勘弁して下さいよぉ!」


みたいなんがよかったんや。


残念。無念。


何らかの形で彼らを今度激辛グルメへ連れて行こうと思った今日でした。

何か激辛のいいお店知っている方は教えて下さい。



ではでは。


instagram

ABOUTこの記事をかいた人

東京青山、銀座、新宿、名古屋で展開する美容室AFLOATのスタイリスト。サロンワークの他にもヘアメイクやセミナー講師など幅広く活躍中。