氷室の饅頭。

こんにちはアフロートルヴア達也です。


はい。すしざ○まい風に撮ってみました。


石川県では知らない人はいないという

氷室万頭を頂きました。


はい。氷室万頭なんて聞くと


さぞロックなマリオネットな万頭なのかなと思いきや、


何やら神々しい見た目。

僕の経験上、風呂敷に包まれてるもんなんていいものしかないですからね。


恐る恐る開けると




おーーー、なんかすげぇぇえ。


そして蓋をオープン。



あら可愛い。


僕は万頭が大好き。

特にこしあんが好きなんですが、この氷室万頭もこれまたキメの細かい僕の好きなこしあん加減。


というかこの氷室万頭ってなんなん??ってことなんですが、

大人たるものその歴史やバックボーンを知り、噛み締めて味わうもの。


氷室万頭ってのは、当時将軍に献上することにちなみ、作られたものらしいですな。

暑い夏を迎え、夏越しの体力を養い、萬の頭に出世するという縁起を祝い無病息災を祝って氷室の7月1日に食するならわしとして市民に親しまれている。

というもの。


7月1日にみんなで食べたのでもう僕たちは完璧です。


無病息災、出世までしちゃいます。


夏の準備万端。


こんな素晴らしいものをありがとうございました。


みんなで美味しく頂きました。



ではでは。




あかん。

instagram

ABOUTこの記事をかいた人

東京青山、銀座、新宿、名古屋で展開する美容室AFLOATのスタイリスト。サロンワークの他にもヘアメイクやセミナー講師など幅広く活躍中。