”とろけるグミ”は、、、とろけない。

こんばんはアフロートルヴア達也です。


僕は『グミ』が大好きです。

最後の晩餐は?

と聞かれれば即答で『グミ』と答えるでしょう。

そう。

グミが大好きな美容師として有名な僕。

試しにグーグルで『達也、グミ』と検索してみて下さい。


たぶん何も出てきません。


そんなグミ好きな僕。

コンビニに常時置いてあるグミの把握はもちろん。

新作なんか出ればとりあえず買います。

同じ種類で味違いも一通り買います。


最寄りのファミマにグミの入荷連絡してもらおうか真剣に検討中です。


グミ好きな人がいればガチで朝までグミに着いて呑み明かせるでしょう。


そして最近(1ヶ月くらい前)気になったのがコイツ。



そう。


とろけるグミ


グミ好きの心を突き刺すこのタイトル。。


とろけるとかどんな感じなんやろ?

中にトロトロしたものが入っているのかな?

はたまた口に入れた瞬間にとろけるのかな?


と思いに馳せ。

いざ一口。


……………。


あのー、たまにあれあるじゃないですか。

知人に子供出来て、名前聞いたら『星姫(仮名)』と書いてキアラちゃん。

みたいな。


顔見てみたら「いや、あの、どんだけひいき目に見ても、、キアラって感じじゃ、、、」って言いたくなるやつ。


うん。

まさにあれでした。


口に入れた瞬間とりあえず何も起こらないただのグミ。

いやこれは舐め続ければとろけだすのか?

僕の口内温度が低いせいなのか!?

と口の中を温め舐めに舐め回し、

とろけるその瞬間を待ち続けましたが、


残念でした。


忠犬ハチ公の気持ちがよくわかりました。


期待して来る日も来る日も待ち続けたのに結果何もない虚しさ。


出来ないものは出来ない。

と言って欲しかった。


自分を大きく見せようとするのはやっぱよくないですね。


『身の丈に合う』とはよく言ったもので、

とろけることが出来ないのに『とろける』と言い張るのはね。よくないです。

『とろけるために努力してるグミ』

ならまだ可愛いもんですが。


ええ。


まぁとろけるかとろけないかで言えばとろけませんでしたが

味は美味しかったです。


てなもんで、僕も出来ないことがないようにこれからもたくさん練習して、


期待してお越し頂くお客さんに期待以上の技術やサービス。空間を提供していくためこれからも慢心することなく、

安心、信頼、謙虚

で努力に務めて行こうと再認識させてくれた出来事でした。


ありがとうとろけるグミ。


ではでは。



instagram

ABOUTこの記事をかいた人

東京青山、銀座、新宿、名古屋で展開する美容室AFLOATのスタイリスト。サロンワークの他にもヘアメイクやセミナー講師など幅広く活躍中。